スポンサーリンク

『モンハンワールド(MHW)』全ハンターに知ってほしい10個の豆知識が公開。ベテランでも知らない事もチラホラ。

[コメント(1)]

話題の記事一覧

カプコンより、1月26日に発売されたシリーズ最新作『モンスターハンター:ワールド』。数多くのハンターたちが連日プレイしているかと思いますが、少し知っているだけで狩りが楽になる設定や仕様が存在しているのをご存知でしょうか。本記事では、新米/ベテランハンターに知っておいてほしい豆知識をお届けします。

◆オプション設定で誤操作や画面振動をゼロにしよう!

●ショートカット操作設定

この設定を変えると、L1ボタンを長押しすると表示されるショートカット登録アイテムの使用方法が変わります。デフォルトのタイプ1だと、L1ボタンを押しながら右スティックで選んだものがそのまま使われてしまいますが、タイプ2にすると右スティックで選んだあと、R3ボタンを押すことでそのアイテムを使えるようになります。

●画面の振動

本作を遊んでいると、画面振動でちょっと酔ってしまったり、単に見にくいなあと思った人も少なくないと思います。そんなときはディスプレイの項目から選べる「画面の振動」から振動なしに設定しましょう。視認性が上がるので、ハントの役にきっと立つはずです。ちなみに、個人の好みではありますが、コントローラーの振動設定もオフにできるので、そちらもあわせて設定してみるといいかもしれません。

●自動納刀

本作では、武器を構えたまま移動すると自動で武器を納刀します。一見便利なのですが、別に納刀したくないのに勝手に武器をしまってしまうのが少し厄介……。こちらもオプションから設定をオフにできるので、厄介だと思っているハンターは設定してみてはいかがでしょうか

◆複数のモンスターが出たけど1体だけ追いたい!そんなときは

特定のモンスターを倒したいのに、他のモンスターもいて追いにくいな~と思ったことはないでしょうか。そんなときは、タッチパッドでマップを開き、倒したいモンスターにカーソルを合わせて、R3ボタンを押せば、そのモンスターまで導蟲が導いてくれます

ちなみに、マップ上の採取ポイントやテトルーにもピンを付けることが可能です。

◆捕獲用ネットで”一収集いこうぜ”

『モンスターハンター:ワールド』からの新要素として、捕獲用ネット、というものが追加されました。これはスリンガーに装着するのですが、意外と使えるんです。倒せない、もしくは倒してもなにも素材がもらえない生き物がマップの各所にいると思いますが、これらは捕獲用ネットで捕まえることが可能で、 調査ポイントが獲得できるのはもちろん、マイハウスで放し飼いもできます。

広大なマップには、かっこいいモンスターだけでなく、小さな生き物まで棲んでいるので、細かいところまで確認してみるのもいいかもしれません。動いている生き物は基本的になんでも捕まえられますよ!

また、釣りの代わりに捕獲用ネットで魚を捕まえることもできます。うまく使えば一度に複数の魚を獲れますが、使うと魚影が消えてしまうので、何匹も何匹も獲りたいときは素直に釣り竿を使うのがオススメ。

◆あなたの命を救う!マップに存在する固有オブジェクト

上記のスクリーンショットに写っているのは回復ツユクサ。攻撃を加えるか、◯ボタンでインタラクトすることで、一定範囲のプレイヤーを回復してくれます。これは当然自分のアイテムを消費しないですし、アイテムが使えない緊急時に回復する緊急手段として非常に有用です。

このほか、睡眠/麻痺/毒などの状態異常にするオブジェクトもあるので、これを有効的に活用すれば狩りがグッと楽になることは間違いなしです。

◆テトルーと竜人族を探せ!

マップの至るところには落書きが残されている場合があります。これは、新大陸に生息する獣人種・テトルーが残しているものなのですが、この痕跡をいくつか見つけると、実際にその姿を見られるようになります。マップごとに探さないといけませんが、仲良くなると良いことがあるので、積極的に探してみましょう!特にソロハンターの方には強くオススメしておきます。

また、マップの特定の箇所には“古代竜人”というキャラクターがいることも。彼らに話しかけると、秘薬やチケットなどの各種アイテムを貰うことができます。結構奇抜な見た目をしているので、初見はちょっとびっくりするかも。

◆採取ポイントからレアアイテムが

極稀に、鉱脈などの採取ポイントからレアな素材(ライトクリスタルなど)が手に入ることがあり、そのときは採取モーションが特殊なものになります。また、採取ポイントが光って“活性化”していることも。欠かさず採取しておきましょう。活性化している採取ポイントを探知するスキルや、活性化の発生確率を上げるスキルもあるので活用したいところ。

なお、生態マップを開いて、アイテムを獲得した採取ポイントを見てみると、最初はアイテムアイコンが暗くなっていますが(回収済みの状態)、待っていると下から徐々に明るくなっていきます。これは再回収までの時間を端的に表しており、明るくハイライトされれば、再びアイテムを採取できるようになるのです。

◆乗り攻防中にスリンガー

実は、大型モンスターの背中に乗っている最中、スリンガーを使えます。状態異常系の投げナイフを確実に当てたり、怯みを取って乗り攻防を有利に進めるのに便利です。

◆ランゴスタの素材はスリンガーでゲットだぜ!!

作中に登場する小型モンスター、ランゴスタ。めちゃめちゃ苦手なビジュアルなのですが、装備に素材を使うことがあります。でも攻撃したら弾けてしまって素材が剥ぎ取れないことが多いですよね。

そんなときは、スリンガーに石ころや捕獲用ネット、ツブテの実を装着して撃ってみましょう。そうすると、なんということでしょう~ランゴスタが弾けないまま地面に落ちるではありませんか!楽に攻撃できるので、一石二鳥です。

◆卵運びは装衣でラクラク

みんな大好き卵の運搬クエスト。隠れ身の装衣をつけてから運べばモンスターに狙われなくなるのでらくらく運べます。スキル「運搬の達人」を発動させておくと尚良いです。ちなみに、今回は卵を持ったまま前転回避したり、ある程度の高さの崖なら飛び降りることもできます。

◆報酬は◯ボタン長押しだ!

クエスト終了時に出現する報酬獲得画面で、◯ボタンを長押しするだけで一気にアイテムが取れちゃうんです。無駄なイライラもこれでゼロ!

それでは良いハンターライフを!

全文を読む

管理人
乗りスリンガーはチュートリアルにあってもいいレベルでは。まとめて送るも何でガイド無いんだろう


スポンサーリンク

オススメ記事
スポンサーリンク
人気急上昇記事
スポンサーリンク


この記事へのコメント

  1. 1 がめいん名無しさん 2018/01/31(水) 09:07:59

    全部やってれば気づくでしょ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください